2009年12月17日

LDHへの賠償額を増額 粉飾決算訴訟で東京高裁(産経新聞)

LDHへの賠償額を増額 粉飾決算訴訟で東京高裁(産経新聞)

 ライブドア(LDH)の粉飾決算事件の発覚で株価が下落し損害を受けたとして、日本生命と信託銀行5行がLDHに計約109億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が16日、東京高裁であった。倉吉敬裁判長は計約95億4千万円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更、賠償額を計約98億9600万円に増額した。

 粉飾決算の損害額の算定では、平成16年の証券取引法(現金融商品取引法)改正で、有価証券報告書に虚偽記載があったことが公表された日の前後それぞれ1カ月間の平均株価の差額から損害を導き出す「推定規定」が設けられた。1審同様、2審も粉飾決算疑惑が報じられた平成18年1月18日を虚偽記載の公表日とし、推定規定から損害額を算定した。

 その上で、1審がほかの下落要因として認めたフジテレビとの提携解消などを「虚偽記載発覚で起こりうる事態」として、賠償額を減らす根拠にはならないとし、推定被害額から3割減額した1審に対し、減額を1割とした。

【関連記事】
ホリエモン、押尾容疑者と対面していた
元ライブドアの堀江被告が小学館を提訴
ライブドア株主集団訴訟 個人株主1600人らが49億円で和解
ライブドア粉飾決算、堀江被告らに17億円を追加請求 総額363億円に
【すくむ社会第2部】「もう一度ホリエコール」〜金は万能か(2)

w4o2d2kyのブログ
英語で日本のニュースを読む
出会いランキング
2ショットチャット
パチンコ攻略
posted by KirstieHalliwell at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。