2010年02月03日

「現地の人の痛み軽減できた」=緊急援助隊医療チームが帰国−ハイチ地震(時事通信)

 ハイチ地震の被災者に対する医療活動を行った政府派遣の国際緊急援助隊医療チームのメンバーら計26人が29日午後、成田空港に帰国した。団長の二石昌人外務省中東アフリカ局中東第1課地域調整官は「誠心誠意、医療活動に当たった。活動を通じて、現地の人の苦しみ、痛み、悲しみを少しは軽減できた」と話した。
 医療チームは16日に日本を出発し、17日にハイチの首都ポルトープランス西方のレオガン市入り。18日から8日間にわたり現地の看護学校を拠点に活動した。診療患者は延べ534人で、うち骨折などの外傷患者が65%を占めたという。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔用語解説〕「国連ハイチ安定化派遣団」
ハイチPKO、2月上旬に派遣=部隊規模は350人
車内から「重傷者」救出=災害救助犬の実践訓練

<参院選>公明党、埼玉選挙区に公認候補擁立へ(毎日新聞)
<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)
<雑記帳>映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
posted by KirstieHalliwell at 23:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンション8階から転落=4歳女児、軽傷−東京・国分寺(時事通信)

 28日午後7時20分ごろ、東京都国分寺市泉町にあるマンション8階のベランダから女児(4)が転落した。女児は病院に運ばれたが、あごを擦りむいただけで軽傷だった。
 警視庁小金井署は、女児が誤って、高さ約1メートル20センチの柵を乗り越えたとみている。
 同署によると、落下したのは約21メートル下の地面で、へこみがあった。近くにある植え込み木の枝が一部折れており、クッションの役割を果たした可能性があるという。
 ベランダにいた女児の姿が突然見えなくなり、母親(30)が捜したところ、マンションの下を泣きながら歩いているのを発見し、通報した。 

【関連ニュース】
送迎バス突っ込み園児9人重軽傷=園長「ペダル踏み間違えた」
出合い頭に車衝突、5歳児死亡=七五三詣で途中
園児ら3人けられ負傷=傷害容疑、22歳男逮捕
ガードレールに車激突、2児死亡=岡山

元教職員側、逆転敗訴 国旗・国歌訴訟 職務命令は合憲(産経新聞)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
「子の奪取」条約加盟を要請=外相「国内法整備が必要」−米英大使ら(時事通信)
<漁船沈没>引き揚げ調査始まる 長崎・五島列島沖(毎日新聞)
<元社長遺体>栃木の井戸に遺棄、男2人を逮捕へ(毎日新聞)
posted by KirstieHalliwell at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。