2009年12月24日

長男殴り不起訴の男、審査会議決受け在宅起訴(読売新聞)

 静岡市駿河区で2006年、長男(当時2歳)を殴り重傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕され、静岡地検が嫌疑不十分で不起訴としていた父親を、静岡検察審査会の不起訴不当議決を受けて傷害罪で静岡地裁に在宅起訴したことが22日、わかった。起訴は21日付。

 在宅起訴されたのは、静岡県焼津市、会社員矢部守被告(28)。起訴状などによると、矢部被告は06年2月、当時住んでいた静岡市駿河区の自宅で、長男の顔を殴って1か月のけがを負わせたとしている。

 長男は06年4月、外傷性脳損傷を原因とする肺炎で死亡している。

 矢部被告は06年2月に傷害容疑で静岡中央署に逮捕されたが、翌3月、処分保留で釈放され、静岡地検は07年12月に不起訴としていた。

 矢部被告の元妻が08年8月、「逮捕当時、暴行を認めており、傷害罪に問えるはずだ」として静岡検察審査会に審査を申し立てた。審査会は今年4月、「しつけと称して日常的に虐待が繰り返されていた」として不起訴不当の議決をしていた。

 元妻は、長男の死亡は矢部被告による虐待として、矢部被告に損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしている。

ベンチャー魂
fx2uurp1wyのブログ
競馬情報
出会いランキング
無料携帯ホームページ
posted by KirstieHalliwell at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<麻生前首相>十津川を「中津川」と言い間違え…地方行脚(毎日新聞)

 自民党の麻生太郎前首相は23日、奈良県十津川村で開かれた「党ふるさと対話集会」に出席した。衆院選の大敗を「恥じている」と述べたが、地名を言い間違えるなど「麻生節」も健在だった。

 麻生氏は「皆さんの意見を党の政策に反映させ、日本がどうなるのか考える糧にしたい」とあいさつした。

 質疑では、政府の事業仕分けについて「(国民は)違和感を覚えたのではないか。この国の将来を考えるのではなく、今年、来年の予算額を合わせるために補助金を削るのはちょっと違うのではないか。原点が違う」と批判。十津川を「中津川」と言い間違える場面もあった。【栗栖健】

【関連ニュース】
<失言について>サンデー時評:「ヒトラー呼ばわり」をめぐって
<写真特集>麻生太郎氏の歩み
09天下の秋 麻生さんに贈る3枚の漫画
事業仕分け:麻生前首相、スポーツ予算の縮減判定を批判
自民党政権の54年−転落の軌跡 民意くむ回路、失った果て

マラソンは自分を鍛える
イタリア語を勉強中
ライブチャット
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較
posted by KirstieHalliwell at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。